食物繊維と便秘の関係

便秘というのは、食べ物から水や栄養素などを腸が吸収した残りかすである便が、長時間にわたって腸内にとどまってしまう症状を指しています。便秘が続くと腸内にも悪玉菌が増えてしまい、ガスがたまってお腹が張るなどの別の症状もあらわれてきます。
便秘の原因にはさまざまなものがありますが、最近では日本人の食生活が肉食中心の欧米型に変わってしまったということもあり、食物繊維の摂取量が絶対的に不足しているということも、そのひとつとして挙げられるようになりました。
腸内から便を排出するためには、腸の筋肉が適切に運動することが不可欠ですが、これは食物繊維の適度な刺激によって促されるということがわかっています。したがって、毎日の食事などで十分な摂取量が確保されれば、腸の筋肉がうまくはたらいて、便がスムーズに排出されるようになるのです。しかも、水に溶けない食物繊維は便のかさを増すはたらきがありますので、長時間の腸内滞留で水分が吸い取られたとしても、過度に固くならないといったメリットもあります。
また、食物繊維のなかには果物などに多く含まれる水溶性のものもあり、これらは腸内にいるビフィズス菌などの善玉菌を増やすはたらきがあり、腸内の環境をととのえるという意味でも重要な役割を果たすものといえます。