不溶性食物繊維とは

不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい繊維の事です。水に溶けにくく、胃や腸で水分をたくさん吸収して膨らみます。そのため、便秘に優れた効果を発揮し、腸内の有害物質を排出する効果があります。デトックスに有効なのがこの不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維にはいくつか種類があります。ひとつめは、穀類の外側の部分に含まれているセルロースです。食事からとれる繊維の多くは、このセルロースが占めており、りんごや穀類、ごぼうなどに含まれています。セルロースと似た成分にヘミセルロースがあり、ごぼうや大豆、玄米に含まれています。セルロースと同様に有害物質を排出させる効果があります。リグニンにはコレステロールが増えるのを抑制する働きがあり、腸内環境を整えてくれます。ココアや豆類などに多く含まれています。また、キチンキトサンも高血圧やコレステロールの上昇を抑え、自然治癒力を向上させる働きがあります。主にエビやカニの殻に含まれています。不溶性食物繊維は繊維質なので、良くかまなくてはならないので、少しの量で満腹感を得られるという利点があります。そのためにダイエットにも向いています。現代人は食物繊維が不足しているといわれています。少しずつでも、食物繊維を積極的にとりたいものです。