水溶性食物繊維とは

食物繊維というのは実水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つの分類に分かれていることをご存知でしょうか。

 

水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質を持ち、グルコマンナンやペクチン、グアガムなどがあります。
ゲル状になると胃の中の食物を包み込み、糖質やコレステロールや塩分などの吸収を抑制する働きがあるのでコレステロール値や血糖値を下げる効果を期待でき、高血糖や高血圧気味の人の改善や、脂肪を吸収しにくくする作用があるため動脈硬化の予防にもなります。

 

また、ビフィズス菌や善玉菌を増やす働きもあるので、腸内環境を整えるのにも効果があります。

 

水溶性食物繊維を多く含む食べ物には、きのこやオクラ、海藻、こんにゃく、納豆などがあり、特にオクラや納豆、めかぶなどの海藻類などのネバネバした状態のものには当分の吸収率を抑えてくれるので、急激に血糖値が上昇することで糖尿病になるリスクを下げてくれるとも言えます。

 

ただ、水溶性食物繊維は水に溶けやすいのに対し、不溶性食物繊維は水に溶けることがなく腸内の蠕動運動を促すなど様々な効果が期待できるので、どちらか一方を重点的に取るのではなく、バランス良く取っていくことが大切だと言われています。